交通事故治療

交通事故治療

TRAFFIC ACCIDENT

突発的なアクシデントに混乱すると思いますが、まずは落ち着いて行動することが大切です。
事故にあったショックで、気持ちが動転してしまい痛みが分からなく数日後に痛みが出たり 、痛いけど我慢してしまったりしがちです。
後ほど、生活に支障きたす恐れがありますので、病院・整骨院でしっかり治療を受けましょう。早期治療が早期回復の近道になります。

もしも、交通事故にあってしまったときの確認事項

1

安全確認
怪我人の救護
(119番)

安全確認後、すぐに車を降り加害者・被害者を問わず、負傷者がいた場合は速やかに救護(119番)を行いましょう。またその際、ハザードランプ・発煙筒などを設置し、二次被害を防ぎましょう。
事故発生から24時間以内に、警察(110番)への連絡を行いましょう。連絡を怠ると、ひき逃げや当て逃げとして道路交通法違反で刑事処分されます。また、保険会社に保険金を請求する際に必要となる『交通事故証明書』が発行されません。
※ひき逃げ・当て逃げの場合も国の補償制度がありますので、必ず警察に連絡しましょう。
2

警察
(110番)

3

安全確認
怪我人の救護
(119番)

できるだけ多くの情報をその場で確認しましょう。
・免許証 (写メでもOK) ・電話番号 (自宅と携帯) ・名刺
・車種、色、ナンバー ・保険会社名 etc…
目撃者の方がいれば、連絡先を確認しましょう。
・壊れたところ ・ブレーキの跡 ・現場写真 etc…
4

警察
(110番)

5

外傷がなくても
病院へ

その場では軽傷・外傷がなくても、あとで重いケガが発覚する場合もあります。
油断せず、病院でレントゲンやCT、MRIなど精密検査を受けましょう。
自分が加入している自動車の保険会社に連絡を行いましょう。
一度連絡を行うと、その後の加害者や加害者側の保険会社とのやりとりも代行してくれます。
6

保険会社に
事故の連絡

7

交通事故の治療

事故にあったショックで、その時は痛みが分からなく数日後に症状が出たり、痛いけど我慢してしまいがちです。しかし、生活に支障をきたす場合もありますので、しっかり治療を受けましょう。早期治療が早期回復の近道です。

自賠責保険により
治療費自己負担は円です!

一人で悩まずご相談ください!