病状と治療例

自律神経失調症について

ABOUT AUTONOMIC IMBALANCE

自律神経失調症の原因と治療例について

自律神経のバランスが崩れて起こる症状が自律神経失調症です。
主な症状としては、だるい、疲れやすい、吐き気やめまい、頭痛、便秘・下痢を繰り返すなどが見受けられます。
自律神経は内臓、血管、皮膚などの運動と、ホルモンや消化液等の分泌を支配する神経で、心拍数、体温、血管の収縮・拡張など、生物が生きるために必要な体の調整を行っています。

自律神経失調症のよくある原因

自律神経とは無意識で体を調整する神経です。
自律神経失調症とは、ストレスや環境、生活習慣などで自律神経が乱れることで、
以下のような症状が出ることがあります。

・頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、腰痛などの諸症状
・不眠、仮眠
・動悸、過呼吸
・むくみ、体のだるさ
・食欲不振、過食

自律神経は全身の様々な器官の働きと関わる神経です。
自律神経失調症の症状には個人差があります。

自律神経失調症の治療例

東洋医学では、自律神経失調症という病名はなく、それは臓器の乱れだと考えられています。
自律神経失調症に対する施術の中で、重要なポイントになるのが、頚~背部・骨盤(仙腸関節)の固さを取ることです。
その中でも鍼灸治療では、内臓や脊髄などの中枢神経の機能低下を改善し、交感神経と副交感神経のバランスを整えて体全体の血流の改善を働きかける事を主眼としています。
これは、交感神経と副交感神経のバランスが乱れている自律神経失調症に適した治療であるので、鍼灸治療は自律神経失調症にとても効果的です。
また、頭部やひじ回りの反応や固さへの鍼刺激も重要なポイントです。
肩甲骨の内側にあるツボは万病に効くツボで、特に自律神経失調症に対してはめざましい効果を発揮します。
なお、自律神経失調症に対するこの施術は、更年期障害にも有効です。
しかし、体質改善が出来ても更に根元の原因をどうにかしなければ、根本改善はできませんので、生活リズムや環境を変えるなどの患者さん本人の努力も必要になってきます。
自律神経失調症でお悩みの方は、一人で悩まずに一度当院にてお話を聞かせてください。