強迫性障害について

強迫性障害について – 自律神経失調症にお悩みの方は札幌市白石区の鍼灸医院、かわしも治療院にお任せください。

病状と治療例

強迫性障害について

OBSESSIVE COMPULSIVE DISORDE

強迫性障害の原因と治療例について

強迫性障害とは、自分でもつまらないことだとわかっていたとしても、このことが頭から離れず、分かっていながら何度も確認などを繰り返すなどの行動を起こし、日常生活にも影響が出してしまう症状です。別名は強迫症と呼ばれており、治療次第では改善する病気です。
気にしちゃいけないと思えば思うほど症状がひどくなる上、外見から症状が見られないため、辛さを分かってもらえないのも特徴です。
日常生活が強迫観念中心で回ってしまう、人の目が気になってしまうなどの精神的な疲労を積み重ねている方も非常に多いです。
治療院ではカウンセリングや認知行動療法を受ける前の準備段階や継続して認知行動療法を続けていくために鍼灸治療をして身体を整えるなどの手助けを主に行います。

強迫性障害のよくある原因

強迫障害とは強いこだわりや不安を持っている方が出る病気です。
症状には軽度なものもありますが重い症状であればあるほど日常生活に支障が出てしまいます。また、不安障害であるため、日常生活に原因となる要素が多くあるため、症状が起きる際の様々な原因があります。
大きく分けると不潔恐怖、加害恐怖、確認行為、儀式行為、数字へのこだわり、物の配置などが原因として挙げられます。
普段生活している中ではあまり気にならないところであるため、他の人には理解していただけない場合がほとんどであることも症状が起きる原因であるといえます。

強迫性障害の治療例

強迫障害は治療できる病気であり、薬による治療とカウンセリング、認知行動療法が主な治療方法になっております。
認知行動療法は再発予防効果が高い「曝露反応妨害法」が代表的な治療法です。 患者さんが強迫観念による不安に立ち向かい、やらずにはいられなかった強迫行為(儀式)をせずに不安に対してチャレンジしていくという行動療法です。一見簡単な療法といえますが強迫障害の方はそうではありません。
たとえば、汚いと思うものをさわって手を洗わないで我慢する、留守宅が心配でも鍵をかけて外出し、施錠を確認するために戻らないで我慢するなどです。こうした課題を続けていくと、強い不安が弱くなっていき、やがて強迫行為をしなくても済むようになると期待されます。
治療院では鍼灸による施術を行うことにより、症状の緩和を手助けし改善に導く準備を行うことを目的とし、施術を行っていきます。

かわしも治療院ではこころsofaと提携し、
強迫性障害の患者様の症状緩和をお手伝い致します。

■太田 滋春先生
【資格】
公認心理師・臨床心理士・認定行動療法士
動療法士/臨床心理学修士

【臨床経験】
精神科勤務歴:8年
スクールカウンセラー歴10年以上
私設カウンセリング歴:10年以上

【専門分野】
うつ・不安・強迫などの困りごとへの認知行動療法
小学校~高校で生じる困りごとへのスクールカウンセリングを活かした認知行動療法
認知行動療法を活用した一次予防(学校でのこころの健康教室やぱんだ先生のこころメンテとしてYouTubeで情報発信)
YouTubeチャンネルはこちら

こころsofaホームページはこちら