病状と治療例

腰痛症について

ABOUT LUMBAGO

腰痛症の原因と治療例について

腰痛には内臓疾患、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、腰椎の圧迫骨折など脊椎の疾患によるものもありますが、内臓や骨に異常がないにも関わらず発生する腰痛を腰痛症と呼びます。
腰痛は捻挫/筋肉の損傷(挫傷)など、関節や筋肉にダメージがある中のひとつとして腰痛が起きています。

腰痛は全身の筋肉・関節が関与している場合がほとんどです。
症状が強く出ている部位のみを治療するのではなく、症状が出ている主な箇所を探し出し治療して行きます。
治療内容は、手技療法が基本ですが、症状の重い軽いによって手技の時間を延長したり、 鍼治療により身体の内面から血液循環をよくしていく方法もあります。

腰痛症のよくある原因

腰痛の主な原因としては、下記の項目が当てはまります。

内臓疾患によるもの
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎脊椎分離症
腰椎の圧迫骨折などの脊椎疾患によるもの
前傾姿勢によるもの

腰痛症は、農業など前かがみになる姿勢で長時間作業をする人、重い荷物を持ちあげる機会の多い仕事をしている人に発症する頻度が高い疾患ですが、一方で椅子に座って頸部を前屈気味にして仕事をするデスクワークの人も、肉体労働の人に負けず劣らず発症の頻度は高めです。
うつむくような姿勢で長時間作業を続けると、背部や腰部の筋肉も長時間引っ張られる結果になり、腰に痛みが現れます。

腰痛症の治療例

腰痛症の治療においては、背中やその周囲の筋肉も緊張しているので、いきなり腰に施術するのではなく腰が痛くなった大本の原因点(手・肘・足等)に鍼をして、腰の痛みの変化を出していきます。

腰痛の治療期間には、患者様が日常生活でどのようなお仕事をされ、 どのような私生活を時間を送っているのかかによって大きく変わってきます。
治療後に、間違った姿勢で長時間座り仕事をしたり、重い物を持ち上げたりする場合は、言うまでも無く症状が改善されるスピードは遅くなってしまいます。
治療に来ていただいた際にご案内する運動やストレッチを適度に行うことで早期回復が見込まれます。