病状と治療例

月経不順について

ABOUT IRREGULAR MENSTRUATION

月経不順の原因と治療例について

月経不順とは、月経周期が長すぎるものや短すぎるもの、全く月経が無い状態のことを言います。月経周期が正常な場合でも25日~38日で多少の変動はあります。

・稀発月経
通常の月経サイクルより長い周期を稀発月経といいます。原因は、卵巣の働きが不十分で、ホルモンが順調に分泌されていないことが考えられます。周期が長い状態が続くようであれば、ホルモンバランスの状態や排卵の有無を調べる必要があります。

・頻発月経
通常の月経サイクルより短いサイクルになることを頻発月経といいます。原因としては、卵巣の働きが落ちているか、ストレスによるホルモン分泌の乱れが考えられます。
妊娠出産を望んでいるという人は、ホルモン分泌の状態を調べてみたほうがいいでしょう。

・過長月経
月経期間が8日以上続く状態を過長月経といい、原因として、ホルモンバランスの乱れや子宮の病気が考えられます。

・過多月経
経血量が最も多い日でもナプキンを2時間おきにかえるくらいが一般的のようですが、 これに対し、経血量が非常に多く、ふだんの生活に支障をきたすような場合を「過多月経」といいます。

月経不順のよくある原因

月経不順の症状としては、冷え症、肩凝り、動悸、頭痛、腰痛胃腸障害、イライラ、便秘、食欲不振などが感じられます。
これらの異常が見られる場合は、当院でホルモンバランスの調整を行うことをお勧めします。

生理不順の原因には、直接的なものと間接的なものがあります。
直接的な原因にはホルモン分泌の異常が挙げられます。ホルモン分泌の異常とは、生理に関係するホルモン分泌量が多すぎる、逆に少なすぎる、あるいは分泌されないなどの異常をいいます。

一方で間接的原因にはストレスからくる、自律神経の乱れ、生活習慣、肥満などが挙げられます。これらは、ホルモンの分泌や、器質の異常を引き起こす原因となり、間接的に生理不順を引き起こします。

月経不順の治療例

月経不順の改善にはホルモンバランスの調整を行う必要があります。ホルモン分泌の調整には鍼治療が非常に優れています。熱が中にこもってしまう場合は、手や足などに鍼を刺して熱を抑え、肝鬱などで熱がこもる場合には特に足の方に鍼を刺し、上にあがった気をさげます。
冷えやすく下腹部の張り感や、腰の重だるさがある場合は、腹部や腰部に鍼灸をし、気血の流れをスムーズにし弱った五臓を補い身体のバランスを整えていきます。

このような月経不順の改善には、鍼灸治療の中でも特に全身調整が効果的です。
また、これに加え水分や塩分を控えたバランスのよい食生活、適度の運動、ストレスを溜め込まないような生活を心がけることが重要です。