病状と治療例

三叉神経痛について

ABOUT TRIGEMINAL NEURALGIA

三叉神経痛の原因と治療例について

三叉神経とは、脳から直接伸びる神経の中で最も太い神経で、顔に三本に分かれて分布しています。
この神経のそばを通っている血管を圧迫されることにより神経痛が生じ、特に、頬から顎の周囲に痛みが生じるケースが多いようです。
体のゆがみであったり、筋肉の凝りなど血管が硬くなって神経を圧迫するなどの原因があります。

三叉神経痛の痛みは、夜も寝られないほどの痛みが続くことが少なくありません。
そんな時には、当院の治療をお試しください。複数回の治療を受けていただければ、順調に痛みが消失します。

三叉神経痛のよくある原因

三叉神経痛は女性に多く、特に40代、50代の女性の発症率が高くなっています。
三叉神経痛の原因としては、神経のそばを通る血管が硬くなって蛇行することにより神経を圧迫することによって痛みが生じます。脳に腫瘍ができることにより神経を圧迫する場合もあります。

また、頭部の腫瘍や、動脈による神経の圧迫、神経の炎症、副鼻腔炎、耳内部の炎症、ウイルス性の疾患などが原因となって、三叉神経痛を引き起こすケースもあります。

三叉神経の症状は、顔に鋭い電気が走るような痛みが生じ、左右どちらか片側に発症します。
食事や歯磨きをする時に歯茎や歯・舌などに激痛が走ったり、口の周りや顔を触るとヒリヒリと痛みを感じることがあり、他にも耳のあたりや目の周りやおでこにも症状が出ることがあります。

三叉神経痛の治療例

三叉神経痛の症状は頬から顎の周囲にかけて生じますが、目や耳、鼻の疾患も似たような部分に痛みを発生させることがあります。

当院の治療法としては、三叉神経が痛みを生じている原因を調べ、その原因を潰すことにより神経が興奮しない元の状態に戻すことにより神経痛を改善する方法を行なっています。
主に改善する点は体の姿勢を整え筋肉に緊張を取り除き全身への血流量(頭部へも)をあげることにより神経の興奮を鎮めていきます。顔面のツボだけではなく、身体全体のバランスをとるように考慮して腕と脚にも施術を行います。痛みのひどい部位に強い刺激を与えると、身体が硬直してよい治療効果が得られないので、顔面に対しては弱刺激を与えます。さらに、お灸による施術も併用しています。

三叉神経痛は、激しい顔の痛みや、なかなか回復しないことがストレスになってしまう症状です。
手術が怖いと感じている方は、ぜひ一度ご来院されることをお勧めします。