パニック障害について

パニック障害について – 自律神経失調症にお悩みの方は札幌市白石区の鍼灸医院、かわしも治療院にお任せください。

病状と治療例

パニック障害について

PANIC DISORDER

パニック障害の原因と治療例について

パニック障害の原因はストレス性の不安症、あるいは心の病と言われておりました。
近年では、研究が進むことにより、脳内ホルモンのバランスが乱れた場合にパニック障害を引き起こすと言われております。
主な症状としては、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えがするなどがあり、生活に支障が出る症状です。
パニック障害を引き起こした方は、いつ起きるのか・何がきっかけなのか分からない、症状が外見に現れないため辛さが分かってもらえないなどでさらに落ち込む方もいらっしゃいます。
一般的には薬物を使用した治療がメインとなっていますが副作用などの懸念点があると思います。治療院ではパニック障害の症状を緩和させるための鍼治療を行っていきます。

パニック障害のよくある原因

パニック障害は精神的に追い詰められている方や人間関係にストレスを感じている方などが発症する場合がほとんどです。
パニック障害で引き起こされる原因は日頃のストレスと言われております。
ストレスを感じることにより、脳内ホルモンが乱れるため、パニック障害を引き起こしやすくなります。
パニック障害の特徴には病院では判別しにくい、周りに迷惑をかけてしまうなど、一人で抱え込む方が多いこともパニック障害を頻繁に引き起こす原因ともいえます。

パニック障害の治療例

パニック障害の主な治療法は、薬物療法と精神療法になります。
薬物療法は治療での選択肢として一番に選ばれるものであり、抗うつ剤や抗不安薬などを飲んで、発作を抑える、気持ちを落ち着かせる、発作が出るのではないかという不安を取り除くというような役割があります。しかし、副作用により、お薬を手放すことができないというケースもあります。
薬物療法と合わせて行われることが多いのが、精神療法です。
これは、医師やカウンセラーと対話を通して、発作が起こりにくい心を作っていく、不安を取り除いていくものになります。
鍼灸による施術を行い、身体を整えることにより症状が緩和したり、精神療法や薬物療法のお手伝いが出来たりするため、鍼灸施術と併用することで高い効果が期待できます。
「パニック障害で当院にご来院されている患者様のほとんどが、まさか自分がこんなメンタル的な症状に悩まされるなんて思ってもみなかった。」とおっしゃっています。
元気だった時の自分と比較してしまい更に落ち込んでしまい症状が悪化してしまいますので、パニック障害でお悩みの方は、一人で悩まずに一度当院にてお話を聞かせてください。