病状と治療例

メニエール病について

ABOUT MENIERE'S DISEASE

メニエール病の原因と治療例について

メニエール病とはめまいや立ちくらみ、身体がふらつく、目の前が暗くなるといった浮遊性のめまいと身体がぐるぐる回るように感じる回転性のめまいが出る症状があります。
この症状の原因は、内リンパ水腫です。その根底にはストレスや睡眠不足、疲労感などが関係しております。
めまい=メニエール病と考えがちの人が多いですが、メニエール病には厳密な診断基準があり、それを基に診断します。それは「難聴、耳鳴り、耳が詰まる感じなどの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する」です。ここで一番大切なのは反復するという点です。めまい発作や難聴発作が1回起きただけではメニエール病とは診断できません。この診断基準を満たし、且つ類似の他の病気を除外できたものを「メニエール病確実例」と診断します。

めまいの診察では体のバランスを調べる検査や眼振検査(目の動きの異常を調べる検査)を行います。
聴覚症状に対しては耳内を観察し、聴力検査を行います。

メニエール病のよくある原因

メニエール病は、耳は鼻や目と密接な関係にあります。
そのため、鼻や目の疾患などの影響が内耳に及ぶ可能性も考えなければなりません。
緑内障(眼球の内圧が上がり、視神経が障害される疾患)など目の疾患によって、めまい発作を起こす可能性もあります。
近年の医学では、肝臓と腎臓の気や血液の滞りが関係していると考えられるため、施術に使用するツボも、耳の疾患に有効なツボだけを使うのではなく、肝臓・腎臓と関係の深い目や鼻との関連性を考慮してツボ選びをします。

疲れ、ストレス、睡眠不足が誘因となることが多く、難聴、耳鳴りの増悪を随伴する回転性めまい発作が発現・消退を繰り返す。難聴は低音障害型難聴から始まります。めまい発作は、10分以上続く回転性を基本としますが、浮動性の場合もあります。進行すれば、中高音域にも感音難聴を生じ、全周波数に増悪していきます。

メニエール病の治療例

めまいの発作が起きている間は、横になって安静を保つことが最も良いです。

メニエール病の治療は、主に鍼でツボを刺激し、さらに手技を併用します。
手技の最も重要なポイントは、耳の中に空気を送り込み、鼓膜に振動を与える手技です。
鼓膜に振動を与えると、鼓膜の裏にある音を伝えるための骨(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)を通して、内耳に伝わります。こうして流れが停滞して圧が高くなっていた内リンパ液の循環が改善されます。

メニエール病にはストレス・睡眠不足・疲労が関与していると考えられており、薬による治療だけでは根本的な治療にはなりません。「薬によって症状を抑える事が出来る」事で少し安心しつつ、ゆっくりとストレスの原因を見つめ直したり、生活習慣を正すことが必要です。

治療後は再発を防ぐために、発作が起こりやすくなる原因とされる過労や睡眠不足を避け、ストレスをためないような生活習慣が望まれます。