病状と治療例

眼精疲労について

ABOUT EYE STRAIN

眼精疲労の原因と治療例について

近年、肝臓は目と繋がっていると言われています。
目の疲れた感じだけではなく、目の奥が痛い場合も眼精疲労の症状だと思われがちですが、この症状は単なる眼精疲労とは限りません。それは肝機能の疲れ・低下をあらわすサインです。肝機能が低下すると、緑内障、白内障などの目の疾患も加速度的に進行を早める場合があるのです。

現代人は、仕事でもプライベートでもパソコンやスマートフォン、テレビゲームなどを長時間見ることで目を酷使しています。 その結果、目が疲れ、重い眼精疲労などから眼科系疾患をわずらう方が大幅に増えています。
眼精疲労に加え、ストレスがかかることで、目の周りの筋肉がふくれ、硬くなります。
また、近視や乱視、老眼が原因で目が疲れやすくなったり、メガネやコンタクトレンズの度数が合わなかったりするために疲れが生じることもあります。見えにくい部分を無理に見ようとすることによって、目を疲れさせてしまうことも考えられます。

主な症状としては、目のかすみ、目の重圧感、目がしょぼしょぼする、目の奥が鈍く痛む、額が重い、まぶたがピクピクと痙攣する、ものが二重に見える、などがあります。また、眼精疲労から頭痛、肩こり、気持ちが悪い(悪心)、嘔吐、など全身の症状が出ることもあります。目の不調の影響は全身に及び、自律神経失調症やうつ症状などを発症することもあります。
原因不明の肩こりや首の痛み、心身の不調にお悩みのとき、眼精疲労の可能性が疑われるのです。

眼精疲労のよくある原因

眼精疲労の原因は、目の使い過ぎの他に 、自律神経失調症、不眠、うつ病、イライラ、不安感、ヒステリーなどがあたります。
上記のうち、目の疲れを引き起こすいくつかの原因が重複して目の負担が増え、眼精疲労になります。

眼精疲労の主な症状としては、以下の項目が挙げられます。

・物が二重に見えるときがある
・目がかすむ
・まぶしい
・ときどき頭痛・めまいがする
・目の奥が痛む
・目が充血しやすい

眼精疲労は、本を読む、テレビを長時間視聴する、スマホやPCを長時間操作するなど目を酷使することによって起きる場合と、遠視が原因で起こる場合があります。遠視の場合は、もともと近くの物が見えにくい上に、40代から目の調整力が衰えるためさらに目の疲れがひどくなります。

また、首肩の筋肉のこり、精神的なストレス、過労、睡眠不足、体調不良なども原因となりますし、あまり意識されない原因として環境による眼精疲労もあります。

眼精疲労の治療例

眼精疲労の治療を整骨院で行うメリットは、背骨のゆがみに集中してアプローチすることができるからです。
眼精疲労は頭の後ろの骨と頸の一番上の骨により圧迫されると目の神経に負担がかかり痛みを引き起こします。 更に自律神経に負担がかかると、脳が疲労をおこし、五感の内ひとつの視覚に影響します。
それにより首から肩にかけての筋肉が硬くなります。

また、眼精疲労の患者さんは目元の血流が悪いため、滞った血液で白目の血管が太くなります。これがいわゆる充血です。
また、眼球を動かすための筋肉が疲れているので上下・左右に眼球が動かず、明らかに眼球の動きが鈍くなっています。

長時間の酷使で目の周囲の筋肉が疲労し、血液の循環が悪くなった、目の過労ともいうべき眼精疲労は鍼灸による治療でかなり効果を上げることができます。
目の周囲には、目の充血や痛み、さまざまな顔面の症状に効果的なツボがあります。
顔面にあるツボには鍼施術に手技も併用して、目と関係の深い三叉神経と顔面神経の通り道を良くしていきます。

眼精疲労は目の症状を軽減するための施術だけではなく、食事療法や薬による治療と併用する必要があります。
日常的なメンテナンスとして自宅でもできる目の周囲のマッサージもアドバイスしています。