ブログ

自律神経失調症についてご存じですか?分かりにくい症状や治療法について|札幌の鍼灸院

自律神経とは呼吸器、消化器、循環器を無意識に整え身体面や精神面において正常に調節する機能です。

昼間に活発に働く交感神経、夜間に活発に働く副交感神経がありこれら二つのバランスが崩れた事で自立神経の乱れと言われます。

交感神経は心臓・血管・消化腺に作用し呼吸・循環・消化などの調整を行います。

副感神経は交感神経と対になる働きがあり、作用するベクトルは違うが夜間に体の調整を行います。

自律神経の乱れによって引き起こされる様々な症状の総称を自律神経失調症と言います。

今回の記事では「自律神経失調症だと分かりにくい症状」「症状に対し多方面の治療法」についてご説明します。

■自律神経失調症だと分かりにくい症状

自律神経失調症で有名な症状は体が疲れやすいことや頭痛、めまい等が挙げられます。

自律神経失調症には個人差があり、軽いめまいをただの疲労と思う方、慢性的な肩こりや腰痛を年齢が原因だと思っている方も少なくありません。

これらの症状は自律神経の乱れが原因である場合があります。

自律神経失調症になってしまう主な原因はストレスや生活環境、夜更かしなどが挙げられていますが、成人を迎えた方の多くは仕事のストレスによるものです。

自律神経失調症の症状は肉体的症状と精神的症状があり、肉体的症状は肩こり・腰痛・めまい・不眠症・味覚障害・動悸・耳鳴り・吐き気・頭痛などの症状があり、精神的症状は人間不信・情緒不安定・うつ状態などの症状があります。

症状が軽い場合は休むことによりストレスが解消され改善する場合もありますが重い症状の場合、休日を寝て過ごしストレスを解消することが出来ない状況と満足に体を休ませることが出来ない状況が続きます。

ストレス解消出来ないまま放置していると他の精神病になってしまう場合や肉体的症状が頻繁に起こるようになり、自力で症状改善が出来ない事態になる場合があります。

軽い症状の方がストレス解消することなく抱えむと重い症状に変わっていく可能性もあるため症状が軽いから大丈夫と思わず日々の生活にゆとり持つことが大事になります。

自律神経失調症はストレスや体の疲れに大きな影響があり、世界的に働きすぎるといわれている日本人が知らないうちに自律神経失調症になっている割合が多い理由になっております。

■症状に対し多方面の治療法

自律神経はホルモンバランスとの関わりが強く、第二成長期を迎えたお子様の原因不明の吐き気や頭痛は自律神経の乱れによるものでもあります。

子どもの場合は成長と共に安定していくのですが大人の場合はそうはいきません。

精神的に大きなストレスを感じることによりや体の疲れにより自律神経が乱れ、自律神経失調症になる可能性が高くなります。

自律神経失調症を効率良く改善するためには肉体的疲労と精神的疲労の二方面からアプローチをかける必要があり、かわしも治療院はお客様の心のケアと鍼灸治療による肉体的ケアによる多方面のアプローチをかけることを得意としております。

■最後に

今回の記事により日常生活のストレスと自律神経失調症との関連性、症状改善のためには多方面からのアプローチが必要不可欠である事を読んでいただいた方に少しでも伝わればと思っております。

症状の改善には生活バランスが大事な為お客様の努力も必要になりますが、一人で抱え込まずに思い当たるところがあれば是非、かわしも治療院にご相談下さい。

自律神経失調症についてご存じですか?分かりにくい症状や治療法について|札幌の鍼灸院