ブログ

【札幌でパニック障害でお悩みの方へ。緩和させる治療があります。】

■パニック障害の原因と症状

パニック障害のめまいや発汗などで病院を受診すると「特に病気は見つかりません」と言われるケースが少なくありません。

めまいや動機、発汗などの原因はパニック障害にあるからです。

では、そんなパニック障害は何が原因で起きてしまうのでしょう。

パニック障害の原因は、交感神経や副交感神経の活動の異常などにあると言われています。

動悸息切れ、吐き気などが出ますが、主に脳のトラブルだということです。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

パニック障害の場合は交感神経と副交感神経のうち、主に交感神経が活発に活動し過ぎてしまうと言われているのです。

交感神経の役割のひとつは、人間の不安に対する備えをすることです。

しかし、交感神経が働きすぎてしまうと、不安に対する備えをしろと常に言われている状態になってしまいます。

そのため、必要以上の不安を感じ、結果、パニック障害のような症状が出てしまうのです。

パニック障害の一因は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることであり、交感神経の働きすぎにあると言えるでしょう。

だからこそ、パニック障害を緩和したいときは、札幌の鍼灸院治療が役立つ可能性があるのです。

■治療と生活面のアドバイス

パニック障害といえば病院での治療を想像するかもしれません。

パニック障害のような交感神経や副交感神経の働きが乱れることによって起こり得る不調は、札幌の鍼灸院の治療でも緩和できる可能性があるのです。

札幌の鍼灸院である当院では、鍼灸治療を中心にパニック障害など不調の内容や個人に合わせた治療をおこなっています。

鍼灸治療は交感神経や副交感神経にもアプローチできます。

札幌の鍼灸院であれば治療と合わせてパニック障害緩和のための生活面のアドバイスも可能です。

首回りや肩回りの固さや疲労、ストレスからくる不調なども、札幌の鍼灸院なら合わせて緩和治療できます。

■最後に

パニック障害は交感神経と副交感神経のうち交感神経が活発になって起こる不調になります。

札幌の鍼灸院であるかわしも治療院では、鍼灸治療により交感神経と副交感神経にアプローチすることにより、パニック障害の緩和を目指します。

札幌の当治療院では生活面でのアドバイスもおこなっているのが特徴です。

鍼灸治療などと合わせて、その人のパニック障害や他不調に合わせた緩和治療を提案しております。

パニック障害でお悩みの方は、札幌の鍼灸院であるかわしも治療院へ一度ご相談ください。