ブログ

女性に多い自律神経失調症のチェック方法は?



自律神経は、身体の様々な働きを調整している神経です。

生きるために欠かせない体の調整を行っているのですが、このバランスが乱れてしまうと、身体に様々な不調があらわれてしまいます。

はっきりとした病気がないのに、不調が続いている場合、

自律神経失調症の可能性があるかもしれません。

自律神経失調症のチェック方法や、治療法をご紹介します。



自律神経失調症になりやすいタイプと症状について



自律神経失調症になりやすいタイプは、敏感で緊張しやすい人です。

ちょっとしたことが気になったり、くよくよ悩んだりしてしまう、

精神的に疲れを感じやすいというような人は、

ストレスから自律神経のバランスが乱れやすいのです。



自律神経失調症の症状は、身体がだるい、疲れやすい、頭痛、便秘、

下痢、めまい、吐き気、息切れ、動悸、食欲不振、むくみ、

過食などがあります。

このような症状が慢性的に続いている場合、

自律神経失調症の可能性があります。



自律神経失調症チェック項目



ここでは、自律神経失調症のチェック項目をみておきましょう。



・動悸、息切れ、胸の苦しさが頻繁にある、常にある

・胃腸の具合が悪い

・汗が異常に出る

・めまいがある

・耳鳴りがする

・頭痛がひどい

・立ちくらみがある

・常に疲れている

・緊張しやすい

・神経質

・イライラしやすい

・落ち着かない

・不幸だと感じる

・死にたいと感じることがある

・人とうまくいかないと感じる

・ストレスを感じやすい



これらは、自律神経失調症を診断する際の項目の一部です。

当てはまる項目が多い人は、一度専門医に相談されてみることをおすすめします。

自律神経失調症は、診断が難しい病気と言われていて、

他の病気が原因となっている可能性もあるため、

必ず医師の診察は受けてください。



病院で、自律神経失調症と診断された場合、投薬治療や、

生活習慣の改善で症状の緩和をはかっていきますが、

別のアプローチ方法として、鍼灸治療もおすすめです。



鍼灸による自律神経失調症の治療



鍼灸治療では、内臓や脊髄などの中枢神経に働きかけ、

身体のバランスを整えていきます。



交感神経と副交感神経のバランスを整えることができると、

身体全体の血流が良くなり、疲れも取れやすくなっていきます。

肩甲骨の内側には、自律神経失調症によいと言われているツボがあり、

ここを刺激して、身体のバランスを整えていくことも行います。

これらに合わせて、ストレスを溜めない工夫をすることや、

睡眠をしっかり取る、食事のバランスを整えるといったことも、

自律神経失調症の改善に役立ってくれるでしょう。



自律神経失調症のお悩みはかわしも治療院へ



当院では、鍼灸による自律神経失調症の治療を行っております。

鍼灸治療では、臓器の乱れを整えていくことで、

自律神経失調症による様々な不調を改善していくことが可能です。



体質改善に役立つ治療となっていますので、

原因不明の不調が長く続いている・・・というような方は、

一度ご相談ください。