病状と治療例

肉離れについて

ABOUT PULLED MUSCLE

肉離れの原因と治療例について

肉離れは筋肉に大量の出血が起きています。
重症度にもよりますが、ふくらはぎの肉離れを起こすと足を地面に付けただけでも痛みが生じます。 まずは、この出血を止めるように応急処置を行っていかなくてはいけません。

肉離れとは、筋肉の一部が断裂した状態のことを言います。スポーツをする際、準備運動を十分に行わなかったり、疲労の蓄積で筋肉の柔軟性が低下している状態で過度な運動を行い、
筋肉の線維を損傷してしまうことで起こります。ふくらはぎや、太ももの裏(ハムストリングス)に多い症状で、殿部などにも発生することもあります。

肉離れには①~③の3つの段階に分けることが出来ます。
① 筋肉部分損傷 歩行可能も痛み有り。皮下出血なし。筋肉痛に似た痛みを感じる。全治4~6週。
② 筋肉部分断裂 歩行困難、痛み強い。皮下出血あり。受傷時に「バンッ」と音がする感じがしたり、蹴られたような感じがする。全治6~8週。
③ 筋肉完全断裂 歩行不可 痛みかなり強い。皮下出血あり。受傷時から歩行不可になる。全治3ヶ月。

・肉離れと筋肉痛の違い

肉離れは運動中や運動直後などに痛みを感じるのが特徴です。
また、痛みがでてから運動を継続すると痛みがさらに強くなります。
一方で、筋肉痛は運動をした翌朝や夜間に痛みを感じることが多く、少し後から痛みを感じるのが特徴です。また、次の日運動して体が暖まれば痛みが引くこともあります。

肉離れのよくある原因

肉離れの原因は、筋肉に大量の出血が起きていることにあります。
長時間同じ姿勢でいることが多い方や、運動不足の方の筋肉は硬くて弾力がないため、筋線維が急な伸び縮みに対応できず、肉離れが発生しやすくなっています。特に太ももの裏や内側、およびふくらはぎの筋肉は肉離れを起こす可能性が高いです。

肉離れの応急処置としては、まず痛みの原因である出血を止める必要があります。痛みが出ている箇所にアイシングを、圧迫して挙げるのが最も効果的です。
このとき、圧迫が強すぎると血流を完全に遮断してしまう恐れがありますので注意が必要です。
ハムストリングスを肉離れしている場合は、膝を伸ばした姿勢で応急処置を行います。
膝を伸ばした姿勢は、筋肉に適度な緊張が生まれ、筋肉の傷口をふさぎ、止血効果を高めることができます。

肉離れの治療例

肉離れ治療法としては、患部に直接鍼を打ち、断裂した筋線維の修復を促していきます。
その後、損傷部位に対し局所と遠位の両方から、筋線維や経絡(気の通り道)の流れに沿って、縦横に刺激をします。
治療後はアイシングと圧迫を繰り返し行うようにアドバイスします。
翌日以降も間隔を空けずに2~3回治療することで痛みは軽減します。
当院では肉離れに対して(超音波、インディバアクティブセラピー、鍼治療、手技療法など)を症状に合わせて行っております。

肉離れの際に、効果のある治療としては以下の項目が挙げられます。

①アイシング
②湿布
③病院や接骨院でおこなう電気治療
④マッサージ、指圧
⑤ストレッチ
また、症状が治ってきている際は、肉離れを起こした部位が硬くなり柔軟性を落としてしまっているので、 手技療法、ストレッチ、超音波治療を行い再発を予防します。
肉離れの再発防止には以下のようなことが重要です。
①スポーツを行う際は、十分な休息を取ること
②運動前後にウォーミングアップとクールダウンをしたりストレッチを徹底していくこと。
③運動中は十分な水分補給を行うこと。
④筋力が不足している部位に対して筋トレをすることをしていく